社員インタビュー

INTERVIEW

建築部 建築課

RYOHEI GOTO

工学部 建築学科 卒/2013年入社(新卒)

PROFILE

地元岡山にて大学で習得した知識を活かして働きたいと考え、中村建設に入社。
無欲恬淡な性格であるものの、仕事では細部にまでこだわりを追求。
一級建築施工管理技士の資格を取得し、大規模な建築現場で現場所長として活躍することを目標にしている。

現在のお仕事内容を教えてください。

建築部は鉄筋コンクリートや鉄骨造の建物建設時における施工管理を行っています。
入社後は一貫して建築部建築課に所属。現在までに消防庁舎、中学校、老人ホーム、寺などの建築工事の施工管理を担当してきました。建築部が担当する案件は大規模な工事が多いため、工期も住宅等に比べると長く、長いものだと1年半以上工事が続くこともあります。1日に140人から150人の業者が作業を行う消防庁舎建築工事の現場に入社1カ月目で上司の補助業務を行うために配属された時は、このような大人数をまとめて仕事を行っていくのだと、施工管理業務の責任の大きさを実感しました。
仕事は多岐にわたり大変なことも多いですが、建物が完成した時に得られる達成感は何事にも代えがたく、仕事を行う上での大きなやりがいの一つです。担当した建物の横を通った時、仕事で大変だったことも思い出しますが、頑張って仕事をしてよかったという思いで一杯になります。

私が中村建設を選んだ理由

建築学科で学んだことを活かせ、かつ地元岡山で就職できることを条件に、岡山県内のゼネコンに絞って就職活動を行っていたところ、ゼミの先生より中村建設を紹介していただきました。ゼミ推薦という形での入社になりますが、採用面接時に接した上司が堅苦しい質問だけでなく、こちらの緊張をほぐすように世間話を交え気さくに面接を進めてくれたことが印象的でした。
社風の良さに惹かれ入社したのですが、入社前の印象通りに、社員同士の仲が良く和気藹々とした職場です。年に一度、参加可能な社員のみの参加になりますが、全社での社員旅行があります。私は普段、現場に出ることが多く他の部署の社員との関わりがほとんどないため、社員旅行のように社員同士で交流できるイベントがあるのは有難いです。社員旅行は社長や役員も参加するため、普段なかなか話ができない経営陣とも気軽に話せるのも中村建設のよさだと思います。

仕事を行う上で大切にしていること

担当した建物を最上級の品質で完成させることを目標に仕事を行っています。良い品質を実現するために、業者の作業内容をしっかり確認し、これくらいでいいだろうという妥協を許さず、きちんと作業してもらえるように細かい点まで自分自身の目で確認を行い、指示を出すように心掛けています。工期が短い場合や、難しい内容の指示でも快く作業してもらえるように、常日頃から業者とのコミュニケーションを大事にして良好な関係を築くようにも努めています。
また、施工管理を行う上で、納期、コスト、品質、安全の各々をしっかり管理することが重要ですが、その中でも、私は現場での安全管理が一番だと考え、朝礼で作業を行う際の危険な箇所の洗い出しを徹底し、現場では細かい確認も怠らず、事故が起こらないように常に気を配っています。