社員インタビュー

INTERVIEW

店舗建設部 店舗建設課

KAZUYA KUSANAGI

建築科 卒/2008年入社(新卒)

PROFILE

木造大工に憧れてものづくりの勉強を始め
学生時代に現場監督という職業を知り、中村建設に入社。
座右の銘である「一生懸命!」を心に、何事にも真剣に取り組む姿勢と
現場を盛り上げる明るさで、現場や周囲からの信頼も厚い。

現在のお仕事内容を教えてください。

店舗建設課では岡山、四国、兵庫、鳥取エリアのセブンイレブンの新築、改修工事を行っています。
岡山県内のセブンイレブンの新築・改修の施工管理を担当しています。仕事は、工程表作成、予算管理、業者の段取り、関係書類の作成、材料発注などの業務に加え、現場での安全管理など多岐に及びます。施工管理は様々な知識を必要とされる仕事です。
知識がなければ現場で業者に指示を出せず、間違いを指摘することもできません。そのため、専門書を読んだり、現場の業者と話をして正しい工事内容について学んだり、法令関係の勉強をしたりと、勉強の日々です。

私が中村建設を選んだ理由

和気藹々として、仲が良いところです。多忙な毎日ですが、少し落ち着いた時に上司や同僚と一緒にご飯に行く時間はとても楽しいです。
また、直属の上司に仕事の相談を行うと、どのような相談に対しても、常に親身に相談した側の立場になって考え、きちんとした回答を返して下さり、仕事を行う上でとても心強いです。

仕事を行う上で大切にしていること

「一生懸命」と「コミュニケーション」です。一生懸命に仕事をすれば必然的に成果も出て、苦労した分、現場も良い方向に進み、工期内に工事を進めやすくなります。
一生懸命に仕事をした後には大きな達成感を得られるだけでなく、中村建設は頑張りが正当に評価される会社なので、その評価もやりがいにつながります。
また、現場で作業を行うのは業者であるため、業者の皆さんに心地よく作業を行ってもらうため、どの現場においても自ら積極的にコミュニケーションを取るように心がけています。多少無理なお願いを快く引き受けてもらえた時には、日々のコミュニケーションの大切さを実感します。