社員インタビュー

INTERVIEW

住宅部 住宅課

TATSURO NOZAKI

造形学部 産業デザイン学科 卒/
2015年入社(中途)

PROFILE

中途で中村建設に入社。上司から言われた「体ではなく頭で汗をかく」を実践すべく、
行動を起こす前にじっくり考え、調べ、人に相談するなど、
自分の発言、行動に責任を持つよう心がけている。
将来の夢は「自宅を自分で監督する」こと。

現在のお仕事内容を教えてください。

住宅の新築や改修工事の施工管理を主に担当しています。
新築でも改修でも毎日予定通りには進まない問題が必ず起こり、工事が中断します。その問題に対してどのように対処していくのかを考えるのも私の仕事です。
例えば、改修の場合、実際の建物と残っている図面とが異なることもあり、その場その場で決断を迫られることが多く、最善の結果になるように熟考し対処法を決めます。
新築住宅の場合は、改修に比べると図面通りのため工事は進めやすいのですが、設計図から設計者の想いを読み取りながら仕事を行うようにしています。問題なく一つの現場が終わり、引き渡し時にお客様に感謝される時に、この仕事をしていてよかったと思います。

私が中村建設を選んだ理由

学生時代は建築デザインを専攻していましたが、自分には向いていないと感じ、デザインの道に進むことを諦めました。
様々な職種を経験した後、やはり建物に関する仕事を行いたいと思い、縁あって中村建設を紹介いただきました。
採用面接の際、経営陣の話を聞き、求められる水準がとても高い点に感銘を受け、ここで仕事をすれば大きく成長でき、様々な能力を身に付けられると思い入社を決めました。実際、直属の上司は知識も豊富で対応力も優れ、ただただ尊敬するすごい人であり、そういう人と一緒に働けることを幸せに感じています。

仕事を行う上で大切にしていること

「素直に正直に」です。入社すぐの時に、分からないことを素直に分からないと言えず適当に言ってしまい、業者に間違いを指摘されたり、お客様に不信感を抱かせてしまったことがあります。その経験を反省し、今は分からないことは素直に分からないと伝え、正しい答えを調べて回答を行うようにしています。
改修などの小規模な現場の場合、お客様が生活されている中、工事を行うことも多々あり、お客様への負担を最小限にするよう、スピーディかつ迷惑を掛けないよう工事を進めるように心掛けています。