社員インタビュー

INTERVIEW

岡山支店 営業部

SYUN HIRAMATSU

社会学部 スポーツ社会学科 卒/
2015年入社(新卒)

PROFILE

地元高梁市出身。
1 年間、本社営業部にて営業の基本を学んだ後、岡山支店営業部に異動。
小学校から大学まで15 年間続けた野球で培った忍耐力、礼儀作法を武器に、
周囲から頼られる営業になるべく、試行錯誤しながら前進中。

現在のお仕事内容を教えてください。

中村建設には本社営業部と岡山支店営業部があります。本社営業部は官公庁と民間(企業および個人)を担当し、既存顧客への訪問や工事請負後の顧客との定例会への参加など、日々顧客のニーズ開拓に努めます。
例えば民間では、工事依頼があった場合に、必要資料を作成し、社内の関係部署と見積もりや工程などの打ち合わせを行い、業者選定に備えるのも営業の仕事です。工事受注後は契約書作成や地鎮祭準備、近隣住民への挨拶などを行い、工事着工後は施主、設計事務所、工事担当部署との仲介役として、工事や各担当者との連携が円滑に進むように気を配ります。
岡山支店営業部は店舗開発(セブンイレブン営業)と民間を担当しています。民間チームの仕事は本社営業部と同様ですが、店舗開発チームでは、岡山県内のセブンイレブン出店準備の支援業務を行います。他社の不動産担当者と一緒に出店候補地の土地を探したり、地主様へ訪問することが主な業務です。

私が中村建設を選んだ理由

就職活動を行う際、地元岡山に恩返しをしたいと考え、県内の会社に絞って活動を行っていました。地元の会社であるということで中村建設の説明会に参加したのですが、その説明会で中村建設がセブンイレブンの出店に関する仕事を行っていることを知って驚きました。
実は私は大学時代にセブンイレブンでアルバイトをしていたことがあります。当時、その店舗の改装工事があり、営業の方の雰囲気や、どのように店舗改装が進められるのかを間近で見ていたため、説明会で話を聞いて中村建設で働きたいという思いが強まりました。
地元の知り合いに中村建設に就職したと伝えると、みなさん「良い会社に就職できてよかったね」と言ってくださいます。何かあれば、「平松に相談したらいい」「平松に言えば大丈夫」と言われるくらい、周囲から信頼され安心して仕事を任せられ、会社の評価に恥じない仕事を行える人材になりたいです。

仕事を行う上で大切にしていること

以前、人の第一印象は出会って7 秒で決まるという話を聞いたことがあり、第一印象を特に大切に仕事を行っています。
地主様への営業は飛び込み営業が中心のため、最初の訪問で話を聞いていただけることは多くはありません。そのため、インターホン越しであってもよい第一印象をもっていただけるよう、常に爽やかな挨拶を心がけています。同時に、会話してすぐどのような方か予想し、相手の方に合わせた様々なアプローチ方法を考え実践しています。
ビジネスの世界では、学生時代とは違うレベルのコミュニケーション能力が必要とされるため、先輩のやり方を見習ったり、相談したりする中で、自分のスキルを磨いていきたいと考えています。