社員インタビュー

INTERVIEW

土木部 土木課

SATOAKI FUJII

農業土木課 卒/2009年入社(新卒)

PROFILE

学生時代に学んだ土木の知識を活かし、中村建設に入社。
「ピンチを乗り越えれば自信になる」を座右の銘とし、日々実直に仕事に向き合い自己のスキルアップに繋げてきた。平日は仕事で外に出ていることが多いため、
休日は家でのんびり映画鑑賞や読書をする時間を大事にしている。

現在のお仕事内容を教えてください。

土木部は国や県から発注される公共物土木工事の施工管理を行っています。私は橋脚の建設工事、道路や橋の耐震、補強、補修工事、山崩れを防ぐための法面工事といった土木工事の施工管理を入社後、一貫して担当してきました。
中村建設は若手のうちから仕事を任せる会社であり、私自身も入社4年目に橋梁補強の工事で初めて一から仕事を任されました。土木工事の現場は長くても1年の工期のため、様々な場所や環境で仕事を行える点が私は気に入っています。
現場管理や様々な書類の作成など施工管理は全てにおいて大変ですが、特に、現場のコスト管理、例えば現場で使用する機械の運搬代やレンタル代の試算や、日々変わる現場の業者の稼働人数をきちんと把握し、予算を管理するのが複雑であり、大変に思います。
何もない場所に、橋脚であれば高さ10 メートル近いものが建ち、完成するまでの過程を日々目にできるのは、この仕事をやっているからこその醍醐味だと思います。完成後、何年か経った後にGoogleマップで関わった構造物を見ると、仕事への達成感を改めて感じます。

私が中村建設を選んだ理由

土木を学んでいたこともあり、土木関係の会社を探していました。県内の土木会社に勤務する父親から中村建設を勧められたことが、この会社を知ったきっかけです。会社説明、現場見学、採用面接を通じて中村建設の雰囲気のよさを感じ、入社を決めました。
実際、上司や同僚と仕事以外の話も気軽にでき、和気藹々とした雰囲気の中で楽しく働いています。以前上司から、「分からないことは一人で考えずに早く聞けよ」との言葉をもらい、もちろん自分自身でも調べますが、分からないことがあればすぐに相談でき、すぐに回答を得られる環境で仕事を行えるのは有難いことだと感じています。
現在は、土木施工管理の仕事をずっと続けるためにも早く一級土木施工管理技士の資格を取得し、仕事の幅を広げるのが私の夢です。

仕事を行う上で大切にしていること

周囲とのコミュニケーションを大切に仕事を行っています。現場での業者とのコミュニケーションはもちろん大切ですが、土木工事は地元の方の反対があると工事が進まないため、普段から地域とのコミュニケーション、例えば工事開始前の挨拶や現場付近を通る方への挨拶など、地元の方への気配りを大切にしています。
以前、山中での工事で水が必要になった際、事前に挨拶をしていたお陰で、田んぼに使う川の水を快く使わせていただくことができ、日ごろからのコミュニケーションの大切さを再実感しました。業者やお客様と打ち合わせを行う際にも、お互いが知っていること、知らないことをはっきりさせたり、資料を使って説明するなど、お互いの認識のズレが生じないように心がけています。土木系の学校を出ていますが、学校で学んだ知識を現場で訂正されることもあり、現場で身をもって学んだ知識や経験を今後の仕事に活かしていきたいです。