case2

店舗を引き渡すときはホッとするし、
カタチに残せる達成感を味わえます。

店舗建設部店舗建設課
建築学科卒 2013年入社

藤村 晃也

店舗建設を一式請負い、施工管理します

私は新見市出身で地元での就職を希望していたため、安定性、将来性に惹かれて当社へ入社しました。当初2年ほど建築部で仕事をした後、店舗建設部へ異動になりました。営業がセブンイレブンと連携して契約してきた土地に、コンビニを建設する施工管理が仕事になります。設計事務所からの図面をもとに見積りをあげて、セブンイレブンサイドと打ち合せをしながら進めます。基礎工事から店舗、内装、設備、外構工事まですべての業者手配、工程管理、資材手配、安全管理などを行います。

インフラとしてのコンビニを普及させる
インフラとしてのコンビニを普及させる

忙しい日々のなか管理能力、調整力が問われます

契約からオープンまで、建設期間はまちまちですが、おおむね1ヶ月程度の工期です。常に物件は動いていますから忙しいし、工期が限られているなかで、きっちり仕上げていくための調整も必要です。現場ごとに協力会社のスタッフを集め、管理してくことも簡単ではありません。でも現場は常に変わり、同じところにいることがないので、私はその点が気に入っています。基本的に直行直帰で、現場が遠ければ近くに部屋を借りて通います。現場管理の裁量を与えられているので責任はありますが、自由度もあります。

インフラとしてのコンビニを普及させる インフラとしてのコンビニを普及させる

若い仲間の多い部署なので仕事がしやすい

忙しい毎日ですが、苦労して無事に店舗を引き渡せるとホッとしますし、達成感はあります。カタチとして残る仕事なので、そこがやりがいです。また営業担当も含めて店舗建設部は若い社員が多く、仕事がしやすいのがイイですね。何でも相談できるし助け合える仲です。将来のことをいろいろ話す機会もあります。地域に根ざした会社で一緒に仕事をしていきましょう!