中村社長×若手社員座談会中村社長×若手社員座談会

座談会参加メンバー

  • 中村 浩巳

    中村建設株式会社
    代表取締役社長

  • 井元 大樹

    設計監理課

  • 中島 健登

    建築部
    建築課

  • 長谷川 拓磨

    営業部
    営業課

  • 草井 伸明

    店舗建設部
    店舗建設課

  • 杉山 玲輝

    建築部
    建築課

  • 山野 敦貴

    建築部
    建築課

  • 岡部 竜弥

    土木部
    土木課

  • 山室 由佳

    営業部
    営業課

Q1

現在の仕事内容を教えてください。
また、特に印象に残っている仕事やエピソードはありますか?

井本

入社1年目で設計監理課に所属しています。私の主な仕事内容は住宅の小規模から中規模な改修工事の設計をおこない、計画図や実施図面などを作成しています。また、製図以外にも実際に現地に足を運び施主様へプレゼンをしたりしています。
印象に残っている出来事は、施主様、現場監督、協力業者さんと皆で知恵を出し合い、同じ思いを共有できたことです。皆で力を注げばいい建築物ができるという可能性を実感した瞬間でした。

中島

入社1年目で建築部建築課に所属しています。現在は成羽複合施設で現場写真や作業写真などを撮影し現場の状況を記録しています。作業終了後にミスなどがないか確認したり、朝は職人さんに対して安全の確認なども行っています。
印象に残っていることは自分が担当した工事が困難もありましたが、工程通りに進められたことで達成感を味わうことが出来ました。

長谷川

入社1年目で所属は営業部営業課総務付です。現在は岡山大学の空調設備と照明設備工事の現場で事務をしています。現場の安全書類の作成をしたり、工事写真の撮影をおこなっています。
特に印象に残っている出来事は、初めて携わらせていただいたまきび支援学校の現場での地域貢献活動で、支援学校の皆さんとモザイクアートを作成しました。災害にあった街で災害復旧工事を通して、復興に携われた実感をもてた事です。

草井

入社2年目で店舗建設部店舗建設課に所属しています。現在はセブンイレブン岡山山崎店で増築工事をしており、主に安全管理を職人さんとおこなっています。
印象に残っている出来事は、先月までセブンイレブンの建設工事をJFEの中でおこなっており、無事にオープンをさせることが出来て達成感を味わう事が出来ました。

杉山

入社1年目建築部建築課に所属しています。現在は吉備高原医療リハビリセンターの改修工事で安全書類の作成、工事写真の整理や管理をおこなっています。
特に印象に残っている出来事は、12月までJAXAという現場の工事に携わり、何もない状態で一から建物を建てていくことに携わることが出来て達成感を感じました。

山野

入社1年目建築部建築課に所属しています。現在は玉島電話交換所屋外外壁改修工事で安全書類の整理や現場の安全確認、工事写真の撮影をしています。
印象に残っている出来事は、最初の現場がZAGZAG奥田南店で工期も短かったのですが無事に竣工することができ、その店舗に友人が行ってくれとても嬉しかったです。建築の醍醐味を味わう事が出来ました。

岡部

入社1年目土木部土木課に所属しています。現在は玉島笠岡道路鳩岡橋の現場で工事写真の撮影や測量などをしています。私の地元の現場で、地元の方との交流をすることができたり、要望などを聞いて所長に伝えたりしています。

山室

入社1年目営業部営業課に所属しています。主に書類の事務処理をしています。現在は県内・県外の入札参加資格申請書類の作成をおこなっています。責任感のある仕事で日々緊張感をもって業務にあたっています。
印象に残っている出来事は、1月末に初めて地鎮祭に参加したことです。普段と違う体験ができ、社内では知ることが出来なかった営業の方たちの仕事を知ることが出来て嬉しかったです。

内容を見る

閉じる

Q2

仕事をする上で大切にしていることや
心掛けていることはありますか?

井本

どんな小さな案件に対しても可能性に真摯に向き合って努力することを大切にしています。建物をより良くするために、本来何が必要なのかを考え、新築であればお施主さんの意見や要望はくみとり、その街の景観等にとってどうあるべきかを考えるように意識しています。

中島

やるときはやる、ONOFFの切り替えを大切にする事と、挨拶を大きな声ですることを心がけています。挨拶を大きい声でする事で初めて会う職人さんも気軽に話しかけてくれるようになりました。ONOFFの切り替えをし、仕事をする時と休む時のメリハリをつけることで効率良く仕事をおこなうことが出来ています。

長谷川

業者さんとのコミュニケーションをとることを大切にしています。朝の挨拶や休憩中の会話をすることで、自分の要望を聞いてくださったり、分からない事を訪ねた時に快く教えてくださいます。自分を助ける意味でも、コミュニケーションはとても必要だと感じています。

草井

分からないことを分からないままにしないようにしています。なるべくその日のうちに職人さんや先輩に聞いて自分で理解するように心がけています。先輩方も質問したら、自分の仕事を止めてでも答えてくださったり分かりやすく教えてくださるので、とてもありがたいです。営業中の店舗で工事をおこなう場合は、お客様の立場にたって小さな段差でもつまづくかもしれない事を想像しながら、少しでもお客様が工事中でも利用しやすいように考えながら工事をするようにしています。

杉山

職人の方から質問を受けて答えるときに、一度自分で考えてみることを心がけています。分かる事はすぐに答えて分からないことは先輩に聞いて答えるようにしています。先輩に聞いたことは理解できるようにその場でメモを取ることを大切にしています。

山野

私も自分の成長の為に一度自分で考えてみることを心がけています。重大なことや分からないことはすぐに先輩に聞くようにしていますが、極力自分で考えるようにしています。

岡部

私も学生時代からメモを取ることを心がけています。明日の段取りや計画もそうですが、協力業者さんから所長宛に伝言を頼まれることもあります。忘れないためにもメモは必ず取るようにしています。

山室

自分の仕事に興味を持つことを心がけています。書類整理をしていて分からない言葉や単語が出てきたら自分で調べてみたり理解できるように、先輩方に聞いてメモをとり自分の知識にして疑問を残さないようにしています。

内容を見る

閉じる

Q3

中村建設でよかったと思うことはありますか?

井本

設計監理課の先輩はもちろんのこと、他部署の先輩方もとても良くしてくださる事です。私の勉強の為に現場や市役所に一緒に行こうと声をかけてくださったり、不安な事はない?と声をかけてくださったり、時には厳しく指導をしてくださる先輩方に恵まれているなと日々感じています。

中島

現場の先輩方がとても優しく指導してくださるので雰囲気も良く仕事が楽しいです。現場以外でもフォローアップ会などで歳が近い他部署の先輩とご飯を食べながら話が出来たり優しい先輩と関わる機会が多いので、質問や悩み、相談が言いやすい環境で楽しく働くことができます。

長谷川

先輩社員が集まって毎月行ってくれるフォロー会です。建築とは全く関係ない学部出身の私にとって相談しやすい先輩が常にいてくれるのは心強く、社内に溶け込みやすかったです。現場に出ていると同期とも中々会える機会も少ないですが、月に一度フォロー会があるおかげで同期の顔もみることができ、私のやる気にもつながっています。

草井

私は中途で入社させていただいたのですが、いろいろな先輩達から声をかけていただいたり、食事を一緒にしたり、とても良い環境の中で仕事をすることが出来ています。また、プライベートでも可愛がってくださり、また事務所の雰囲気も良く、分からないことも尋ねやすいです。

杉山

最初の1カ月間、同期とともに研修を受けられた事です。私の友人達に聞いたら、すぐに現場に配属になり、同期とあまり会う事がないと言っていました。1カ月同じ研修を受けた事で仲も深める事ができたり、その後もお互い励ましあうこともできます。私にとって、とても良い経験になっています。

山野

会社全体で社員1人1人を大切にしてくださっている所です。新入社員のフォローアップ研修もそうですが、優しい先輩が常にいてくださり、誰に相談したら良いのか分からないという事がなかったので、困りませんでした。自分自身が仕事がしやすく、成長ができる環境を作っていただき感謝しています。

岡部

同じ高校出身で歳が近い先輩と同じ現場で働かせて頂いていることです。相談や自分の悩みを言いやすい環境です。会話もしやすいので、会社の雰囲気にも溶け込みやすいのがとてもよかった事です。

山室

新入社員達のフォローが手厚いことです。ワークシートで先輩とやりとししたり、月に1度の食事会や意見交換会などで他部署の先輩や同期と関わる機会を作ってくださっているので、社内で仕事をする私は、先輩方の顔や名前を早く覚えることができました。

内容を見る

閉じる

Q4

就職して今日までに何を学びましたか?
また、将来のビジョンがあれば教えてください。

井本

設計の基本的な部分と設計者としての責任感を学びました。作図の手順や建築の専門用語の重要性に改めて気づかされました。基本をおろそかにせず、細部まで熱を注いだ設計をしていきたいと思っています。施主様を含めた全ての建築に携わる方と良いものを作っていきたいと思っています。

中島

社会人としての責任や仕事に対する姿勢を学びました。学生の時とは大きく違い自分の失敗1つで周囲にかける迷惑の大きさも違います。自分に任された仕事は責任を持って取り組もうと改めて思いました。現場責任者になったら、自分の事だけでなく周囲にも気を配り、皆が働きやすい環境を作り、多くの方に喜んで頂ける建物を作っていきたいと思います。

長谷川

本当に多くの事を学ばせていただいた中で、自分自身の社会人としての責任感や立ち振る舞いがまだ至らない部分が多いことに気づかされた1年でした。まずは、この部分を修正しながらさらに成長していきたいと思っています。その為にも、多くの資格取得にチャレンジし、自分の知識につなげていきたいと考えています。

草井

セブンイレブンの建築に何件か携わらせていただく中で、前段取りが重要だなという事を強く思いました。セブンイレブンは特に工期も短く、1カ月の間に2~3店舗同時に工事を行っていく中で移動時間も必要になります。前日に工程を把握しておき、無駄な時間を過ごすことのないように効率の良い仕事の仕方をしていきたいと思います。将来的には施工管理者になっていきますので、効率の良い仕事が出来る計画を立てれるようになっていきます。

杉山

私はコミュニケーションの大切さを学びました。挨拶をきちんとすると職人さんや先輩方と話もしやすくなります。これからもコミュニケーションを大切にしていきたいと思います。将来は誰からも頼りにされ仕事をしやすい環境を作れる所長になっていきたいと思います。

山野

この職種ならではのメンタルの部分です。難しい職人さんたちも中にはいますが、その方達にどのように伝えれば気持ちよく仕事をしてもらえるのか接し方や受け止め方を学ぶことが出来ました。所長目線でのやり方や受け止め方を少しでも早く自分の物にしていきたいと思っています。

岡部

前段取りの大事さを学びました。初めての工事は次に何をするのかが分からなくて、スムーズに動くことが出来なかったのですが、2回目は次に何をしなければいけないのか分かっていたので上司に相談しながら自分から動くことが出来ました。これからも先の事を考えながら動いていきたいと思います。

山室

人が見やすい書類の整理の仕方や効率よい仕事の仕方等とても学ぶことが多い1年でした。今の目標は上司の方と分け合っている仕事を将来は1人で任せてもらえるようになることです。現在まわりの方も先輩に仕事を頼むことが多いのですが、私に声をかけて貰えるように、信頼される仕事の仕方をしていきたいと思います。

内容を見る

閉じる

Q5

若手社員から社長に聞いてみたいこと。

井本

設計監理課は出来たばかりの部署ですが、今後のビジョンはありますか?

社長

以前は、外部に設計をお願いしていました。今後も設計事務所としてやっていくのではなく、あくまでも建設会社の中の設計部門という形でやっていきたいと思っています。設計施工で営業しながら受注できるレベルまでは持っていきたいと考えています。

中島

社長が思う会社の最大の魅力は何ですか?

社長

会社説明会の時にも必ず言いますが、社員の人柄の良さは当社の最大の魅力です。他の業者さんや近隣の方からも褒めていただくこともあります。皆さんもその一員ですので、常に見られているという自覚をもって頂き、身だしなみや服装を整え、言葉遣いや挨拶等しっかり行っていただきたいと思います。その他にも、当社は色んな部署があるので幅広い仕事が出来ることも魅力の1つです。工事を請け負う所から、完成まですべて自分の所でできるのは総合建設業の強みだと思っています。

長谷川

ON・OFFの切り替えで意識しておくことはありますか?

社長

仕事をするときは、きちんとして頂き、休む時はしっかり休んでいただいて結構ですが、連絡だけはつくようにして頂きたいと思います。お客様あっての我々の仕事です。お客様から連絡があったときに、なるべく早めに対応ができるようにお願いしたいと思います。

草井

頭の中の整理の仕方や、心の落ち着かせ方を教えて下さい。

社長

問題点などを書き出してみることだと思います。頭の中だけで解決しようとするのではなく、書き出してみて整理をしながら、1つずつ解決してみてください。

杉山

自分が大きく成長するためには何か秘訣はありますか?

社長

幅広い社会性を身につけることが必要です。現場を管理する際に、色んな人と関わることになります。工程管理、品質管理、安全管理、予算管理もしますし、近隣住民の方への対応もしなければなりません。もちろん体力や知識も必要です。さまざまな分野でバランスのとれる人を目指して頂きたいと思います。

山野

会社として力をつけていきたい所はなんですか?

社長

社員教育です。数字や売り上げを上げるのが目的ではありません。社員1人1人がレベルアップできれば、結果として数字はあとからついてくるものだと思っています。

岡部

来年、良い先輩になるにはどうしたら良いでしょうか?

社長

特効薬はないと思います。やはり日々の積み重ねが大切です。自分たちが教えて貰ったことを記録しておいて、後輩達の不安や心配事を取り除いてあげることです。自分がどのようにフォローしてもらったか思い出しながら自然体で対応してください。

山室

読書をするための時間の作り方と、読書量はどのくらいしたら良いでしょうか?

社長

量ではなく質を大切にしてほしいと思います。読んだ本から何を得るか、学んだかが重要です。私は大切だと思うページには付箋をつけたり、線を引いたり時には書き写したりしています。そして時間は自分で作るものです。空いた時間5分~10分でも良いと思います。

内容を見る

閉じる

社長からのメッセージ

  • 分からないことは聞く。

    色々な質問を受けることもあると思いますが、間違った答えを返答するのが一番困るので、曖昧な答えを返さずに上司に尋ねてください。その後で返答するようにしましょう。

  • 報連相を大切に。

    報連相は大切です。報告をするときには、結論から話をするようにしましょう。相手に伝えたつもりでも、伝わっていなければ意味がありませんので、必ず確認をしましょう。

  • 準備はしっかりと行う。

    我々は職人さん達をマネジメントする立場です。職人さん達に気持ちよく仕事をしてもらうためにも、準備や計画をしっかりと行うようにしてください。

色々な問題や悩み、自分の前に壁もあるかもしれませんが、
解決策は必ずあります。
資格の習得もそうですが、何事も最後まであきらめずやりぬいてください。
先のことばかりを心配したり、悔いが残らないように
「今」この時にベストをつくしましょう!

この4月も新入社員が入り、皆さんも先輩社員になりますので、よろしくお願いします。